HOME MODELS DEALERS CONTACT TOPICS
USER'S MANUAL



第5章トレーラー設置に関して

1.設置に適した場所

 設置は『比較的平坦な場所』『路面が固い場所』『路面が乾燥した場所』に設置して下さい。
2.止むを得ず坂道・傾斜地に設置する場合の注意事項

(1)トレーラー前方を坂道に対して下向きに設置して下さい。
(2)その際、輪止めを全車輪の前後に計4ヶ所に使用することをお勧めします。
3.レベリングに関して

 レベリングを確実にすることは、冷蔵庫等の設備を正常に動作させる上で、大変重要な事です。
 水平器を使用し水平を出して下さい。水平器が無い場合は、ペットボトルに水を入れても 代用できると思います。

(1)左右方向のレベリングはトレーラーを切り離す前に実施して下さい。左右どちらかが極 端に低い場合はタイヤの下に板を敷くか、レベルデバイスを利用すると便利かも知れません。
(2)前後方向のレベリングはトレーラーを切離し後に実施して下さい。その際には、サイドブ レーキを確実にかけた後、輪止めをして下さい。そして、ホイールジャッキを利用して 前後の水平方向を出して下さい。
4.安定ジャッキ

 トレーラーの左右前後の水平を保った後、車輌安定ジャッキを使用して安定させて下さい。
 車体全体のゆがみを防止する為に、適切なサイト選びと的確なレベリングが必要です。

(1)安定ジャッキを地面にしっかりつくまで降ろして下さい。安定ジャッキは乗用車等の ジャッキと同様の作業には使用しないで下さい。
(安定ジャッキでトレーラーを持ち上げないで下さい。この安定ジャッキはあくまでトレーラーを固定する物です。)
(2)どうしてもトレーラーを路面が軟弱な場所や凸凹の場所に設置しなくてはならない場合、 安定ジャッキの下にレベリングパッドや木の板などを敷いてジャッキが沈まないようにして 下さい。
5.トレーラーとけん引車の切り離しに関して

(1)切り離しの際、トレーラーのハンドブレーキをフルに引いておくようにして下さい。
(2)フロントジャッキを降ろす。
(3)安全ワイヤーを切り離し、配線カプラーを抜きます。
(4)ヒッチカプラー部の取っ手を握って上げると同時にフロントジャッキでリフトアップします。 フリーンのロックボタンが解除されヒッチボールから完全にカプラー部が離れた事を確認し、 けん引車を移動させます。



出典:日本RV協会トラベルトレーラーユーザーズマニュアル冊子